スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答え合わせ

昨日の記事で取り上げたデッキレシピを載せておきます。

黒緑青パラドック・ストロング


以前に《ザールフェルド》軸のストロング系連打のデッキを拝見して。

組みたいな~と思っていたのですが、《パラドックス》合うかも?と。

《パラドックス》で手札の《ザールフェルド》を捨てて《ヴィルジニア》で。

《パラドックス》自体が破壊されれば4ドロー、

されなければストロング系での追加ドローが可能になるキーマンになります。

ストロング系は除去呪文なので、相手の壁を退けてタイミングよくビート。

破壊されても手札の《ヴィルジニア》が戦線を立て直してくれる…かも。


昨日の記事と照らし合わせて、あのカードだったのか~とw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>なつきさん

4ドロー後の《クリスタル・アックス》や墓地進化展開は面白いと、パラドックス君のデッキを見て感じましたね。
ちょっとシンプルなタイプで試してみて、盛り込めればってところで☆

色的には

墓地・マナ・手札進化のどれにも対応していますし、
野菜ザローグも、ニュ論も、公式のマナ進化も自在に使いこなして攻めたりできる……かな?

>なつきさん

コメントありがとうございます。
なるほど、なつきさんの野菜ザローグっぽく動けそうですね(笑)
ビートしつつキャンセル後に《ヘヴィ》や《転プロ》を使えば…どうかな(^^;

てっきり……

パラドックスの「場に出たとき」をなかったことにして攻撃する「進化キャンセル」かと思ってました(笑)
プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。