スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六感

しばしば勝負どころで必要になってくるのが「勘」。

これは一見すると運任せのように見えますが、私は少し違うと考えています。

まずは「勝負どころに至るだけの知識や構築力」が必要です。

次に「勝負どころに持ち込むだけの経験や技術」が求められます。

そして「勝負どころで決断できる勘」が重要になってきます。


先日、足利大会で使用した白緑黒ギャラクシーなんかは、その典型。

一見するとコントロールのように見えますが、本質はタフさを生かしたウィニー。

トップを叩きつけるだけに見えていますが、シノビを温存したり、

攻撃するまでに除去をしつつ、ある程度アタッカーを並べることが必要。

さらに難しいのが殴りに行くタイミング。

相手のマナや墓地に見えるカードから見えないカードを推測し、

STの内容や手札にあるシノビの枚数をイメージした上で殴ります。


最終的な勘を後押しするのは、今までに得た知識や積み重ねた経験であり、

勝てるという自信と、勝ってやるという気迫です。

例え盤面で負けていても、勝ちの目を捨てなければ勝利は舞い込んできます。

最後まであきらめず、冷静に勝負どころが訪れるのを待ちましょう。


まずは自分を信じることから、ね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>ヤマトさん

コメントありがとうございます。
いやいや、自分なんてまだまだ精進が足りませんw
師匠どころか、常に対戦する人をライバルだと思ってますから。
お互いに磨き合っていけるような対戦ができるといいですね☆

プレイミスかどうかは対戦中には気付きにくく、私自身もミスが多い人間です。
あとはミスに気付いて、プレイングを向上させていけば後々の役に立つと思います。
北関東の強豪は多く、1回戦などで対戦することもしばしば。
それでも少しずつ腕を磨いて、「勝ってやる!」という気迫で押し切りましょうw

Unknown

虎さん、凄いっスね。
僕はよくプレイングミスをしてしまい上位に上がれません。いつも強い相手と当たってしまい一回戦負け。やはりまだまだ知識が足りないのかな?でも、そう言う虎さんは凄いっス!!師匠と呼ばして下さい!
プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。