スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口出しの境界線

しばしば大会の最中に周りで見ている第三者が、

試合に対して口出しをすることがあります。

概要でも述べましたが、基本的に口出しをしてはいけません。

プレイミスの指摘は対戦後にするのがマナー。


しかし、例外的に口出しをした方がいい場面もあります。


・ルール上、間違っている場面

よくあるのが「召喚酔いを忘れる」「色マナが足りてない」など。

「強制効果が発動されていない場面」であれば、指摘してもよいと考えています。

つまり《ミスト》でドローしていない等「任意効果が発動されていない場面」は、

公認・公式大会などでは絶対に指摘してはいけません。

特にDMの場合はジャッジが全試合を細かく見ているわけではないので、

第三者がジャッジとしてルール上のミスを指摘するのは問題ないと考えています。


・ルール上、行ってはいけない場面

大きく分けると上記に含まれるようなこともありますが、反則など。

「ターン開始時に2枚ドロー」「《デルフィン》いるのに呪文詠唱」とか。

無論、故意であるが問題ではなく、即座に巻き戻すことが重要です。

指摘する際も「反則するなよ!」と責めるのではなく、

「それはできないから、こうするのが正しいです」と指摘するのがマナー。

故意ではないのにインチキ扱いされたら気分悪いですもんね。


・より善手と思われる場面

「俺ならこうする」「こうした方が強い」などのアドバイスは厳禁。

冒頭にも書きましたが、「終わってから指摘するのがマナー」だと考えています。

フリープレイでも、終わってから「あの場面は…」というのがマナーかな。

対戦している当人では気づかないことが多いので、

プレイングに対するアドバイスをしてもらえると非常に助かります。

でも対戦中は基本的には当人同士の勝負ですから口出し無用。

龍さんなんかはルール上のことも当人同士のことだからと黙認だとか。


真剣勝負を見守る温かさと、終わってからプレイングをアドバイスできる優しさ。

そんな未来に繋がる楽しい対戦ができるといいですね☆。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>ヤマトさん

コメントありがとうございます。
そのTさんて私のことですか?(^^;
恐らくは食らった相手がTさんの友人だったとか…
(アドバンに関する)思い出し笑いという可能性も。
ただ人を馬鹿にした笑いはいいものではありませんね。

>ヒロユキさん

コメントありがとうございます。
なかなか人に言われないと気づけない人もいますからね。
子ども相手であれば「こうゆうもんなんだよ」と優しく教えられるといいですね。

>takaさん

コメントありがとうございます。
真剣勝負なわけでですから、あくまで公平に進められればと思います。
特にこれからはミスひとつが大きく影響してくる時期ですからね(^^;

確か・・・

確かこんな事がありました。他の対戦中の相手の場を僕とTさんで観覧していたときの事です。
相手側がソウルアドバンテージを撃った時、隣にいたTさんが突然、笑い始めました・・・。
確かにソウルアドバンテージを撃たれたらなかなか立ち直れないのは解りますが。笑うことまでの事はしていないと思いますが・・・。僕なら、「アァ!!やられた、キツいな~」とまでは言ってしまいますが・・・。
信じられないです。

Unknown

僕も前にあった大会で相手の子供が友達と『これをマナに置いてこれ出したら…』とか言ってたのですごく嫌でした(´-ω-`)


ちゃんとした人としたときはは『今対戦中だからそういうことは言わないでね。』と周りの子に言っていたので子供達にもそういうマナーを守ってほしいです。

Unknown

口出しはプレイしてるときにされると嫌ですよね。

終わったあとのアドバイスは次の対戦に生かされるので必要ですよね。

全国予選も始まるのでマナーがきちんとしたガチバトルが繰り広げられることに期待したいです。
プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。