スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頼れる存在

2008年の秋から愛用しているネクラコン。

シノビや城が入ったり、《メスタポ》が入ったり、環境に合わせて変化してきました。

得るものがあれば《キング》《PG》《ミスト》のように失ったものも多くありました。

そして2010年の夏、また新たな戦力を獲得したと言えるでしょう。


【白黒緑コントロールだってばよ!】

1×黙示賢者ソルハバキ
2×光牙忍ハヤブサマル
1×魔光王機デ・バウラ伯
1×雷鳴の守護者ミスト・リエス
1×不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー
4×青銅の鎧
2×解体人形ジェニー
1×闘竜死爵デス・メンドーサ
1×魔刻の斬将オルゼキア
3×威牙の幻ハンゾウ
2×無頼聖者スカイソード
2×腐敗無頼トリプルマウス
2×聖鎧亜クイーン・アルカディアス

4×超次元シャイニー・ホール
4×フェアリー・ライフ
1×母なる紋章
2×ハッスル・キャッスル
1×ローズ・キャッスル
1×超次元リバイブ・ホール
2×デーモン・ハンド
2×ロスト・ソウル

3×時空の雷龍チャクラ/雷電の覚醒者グレート・チャクラ
1×時空の賢者ランブル/恐気の覚醒者ランブル・レクター
1×時空の脅威スヴァ/神の覚醒者サイキック・スヴァ
1×時空の銃姫エイプリル/鎮魂の覚醒者デス・エイプリル
1×時空の花カイマン/華獣の覚醒者アリゲーター
1×時空の勇躍ディアナ/閃光の覚醒者エル・ディアナ


・基本的な動き

加速→置きドロー→展開→《ロスト》→展開。

置きドローが引けないと厳しいのでマナや盾に埋まらないことを祈る。

基本的には置きドローの設置が最優先だが、相手次第では《光穴》優先も考慮。

《青銅》→《光穴》なら覚醒できたのに、1ターン伸ばしたら除去られて・・・とか。

ただ除去られても息切れしないことが重要なので、基本は基本ということで。

呪文コスト軽減と大きく異なるのは加速によってクリーチャーの展開が早くなるという点。

当たり前のことだが《光穴》だけでなく、いち早く置きドローを設置できるのが強み。


・美しき破壊者

最近お気に入りで各デッキで使っているのが《クイーン》を除去れる《メンドーサ》。

サイキックや置きドローへの解答で、《光穴》のタップキラーとしても悪くない。

《ハンゾウ》で間に合わない際の4→6域の除去クリーチャーとして活躍している。

《ライフ》→《ジェニー》→《ハッスル》から間に合い、場に残るのもポイント。

常に最良の動きができるとは限らないからこそ、保険として。


環境の一角に居座り続けるネクラが《チャクラ》によって再び躍進したと言えるでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>Acidさん

コメントありがとうございます。
Acidさんからコメントいただくと落ち着きますねぇ。

むしろ《PG》4積みの時代に戻ったような感覚があるような気もしますw
場持ちの良さは《チャクラ》も《PG》に通ずる部分がありますし。

《チャクラ》に限らず7マナの覚醒獣は派手で面白いので是非使ってみてください☆

Unknown

ネクラも結構かわりましたねー PGを四枚入れたりキングが入ってましたからね
覚醒獣は5コストのしか使ったことがないんですけど、強いですね♪ 覚醒されたらバトルゾーンから離すのが大変で… チャクラはなおさら大変そうです…
愛着はいつまでも変わらないですけどね(^^)
プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。