スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中身は変わっても

呼ばれ方は変わらないね。


そりゃそうだよ、色の組み合わせが同じなんだもん。

今日は、いわゆるネクラ(白黒緑)デッキの紹介。

かつては《ハッスル》をドローエンジンとしたクリーチャー主体のデッキでしたが、

今回ご紹介するのは呪文主体のタイプです。


【白黒緑コントロール】

4×天雷の導師アヴァラルド公
1×光牙忍ハヤブサマル
1×不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー
2×威牙忍ヤミノザンジ
2×魔刻の斬将オルゼキア
1×悪魔神王バルカディアス

4×超次元ドラヴィタ・ホール
2×超次元ミカド・ホール
4×超次元バイス・ホール
2×ガンヴィート・ブラスター
4×フェアリー・ライフ
4×未来設計図
3×再誕の社
1×母なる紋章
2×リーフストーム・トラップ
3×超次元ガード・ホール

1×超時空ストームG・XX
1×時空の支配者ディアボロスZ
1×時空の封殺ディアス
1×時空の凶兵ブラック・ガンヴィート
1×時空の不滅ギャラクシー
1×時空の戦猫シンカイヤヌス
2×時空の喧嘩屋キル


・基本的な動き

《ライフ》→《アヴァラルド》→《ドラ穴》→《バイス穴》~とか。

《設計図》→《アヴァラルド》→《ライフ》→《バイス穴》~とか。

《ライフ》→《設計図》→《社》+《アヴァラルド》→《バイス穴》《盾穴》~とか。

相手が《タッチ》を多用してくる場合には《アヴァラルド》を優先し、それ以外であれば加速を優先で。

苦手な《ゴーゴン》には4マナ《設計図》→《ザンジ》あたりで対応したいところ。

《デルフィン》には《DDZ》先出しか、《オルゼ》で除去ればければ、気合いの《バルカ》手出しで。

《設計図》《ドラ穴》あたりを削って《妖精穴》にしようか調整中。

《陰計》《強スパイラル》あたりを撃たれやすい《DDZ》の前に《セツダン》を出しておけるのが強み。

超次元ゾーンの8枚も、いろいろと調整している段階で《G・XX》も入れるか微妙なところ。


実は白黒緑青で回していたのですが、手持ちの不滅オロチと《オロチ》の有無くらいしか差がなくなって。

そのため、よりシンプルな形で回せるようにと白黒緑になりましたとさ。


このデッキに限らず、「こんなカード入れるとイイよ!」とか気軽にアドバイスいただけると助かります☆
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シークレットの誘惑

あんまり慣れてないけど・・・

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ネクラはエボリューションマスターの決勝にも出てきた強力なデッキですが、メタが成熟してから結果を残しますよね。

メタとともに生きているというか…

>シャンディさん

コメントありがとうございます。
採用されるカードが変わっても、やっていることは同じですからね。
加速→ハンデス→ドロー&展開→適当にビートするのがネクラの持ち味なので、
割と構築に余裕がある分、対策カードを積みやすいためメタに対応しやすいのかもしれません。
プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。