スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【結果発表】エピソード・ゼロ・キャンペーン【どや顔祭】

お待たせしました!

176人もの皆様にご応募いただいた『エピソード・ゼロ・キャンペーン』の結果発表です。

審査員1人に付き、3・3・2・2・1・1のポイントを持ち、6枚のカードに振り分けました。

目安としてはエイリアン/ハンター各3程度ですが、人によって各枚数は異なります。

ポイントの後半にある( )内の数字は審査員が振り分けたポイントの内訳です。

同ポイントの場合は、より多くの審査員に選ばれたカードを上位にしました。

それでは、どうぞ。


1位:12ポイント(3・3・3・3)

 82. HN:いずみさん
 【増殖軍団ジオ・ノコノコキノッコ】【自然文明】【マナコスト:3】
 【種族:ワイルド・ベジーズ/エイリアン】【パワー:1000】
 ■スペース・チャージ:自然
 SC:自分のマナゾーンまたは墓地から増殖軍団ジオ・ノコノコキノコッコを1体バトルゾーンに出してもよい。
 ■自分のターンの初めに自分の山札を見て、その中から増殖軍団ジオ・ノコノコキノコッコを
 1枚墓地に置いてもよい。その後、山札をシャッフルする。
 ■自分のバトルゾーンに増殖軍団ジオ・ノコノコキノコッコが4体あるとき、
 このクリーチャーのパワーは+15000されTブレイカーを得る。
 FT:「増えるぞ増えるぞ。どんどん増えるぞ。増えれば強いぞ4キノコ!」
 【解説】ネタデッキ専用のシナジーカードサイクルがそろそろ出てきてもいいと思う。

 
2位:6ポイント(3・3)

 161. HN:虎
 【レッドホット・チリ・ピッピー】【火文明】【マナコスト:4】
 【種族:ファイアー・バード/ハンター】【パワー:4000】
 ■バトルゾーンにある自分のコスト5以上のハンター・クリーチャーはすべて、
 種族に「レッド・コマンド・ドラゴン」を追加する。
 FT:「熱くなってきたッピ!ホットナウ!」-レッドホット・チリ・ピッピー
 【解説】名前はレッチリから。ゴーオンから並べてハンターを投げまくれ!


3位:5ポイント(2・2・1)

 95. HN:ぷらとん
 【隼総の化身(ジオ・ファルコ・トーテム)】【自然文明】【マナコスト:6】
 【種族:ミステリー・トーテム/エイリアン】【パワー:6000】
 ■自分のエイリアン・クリーチャーは、それよりパワーの小さいクリーチャーにブロックされない。
 ■自分のエイリアン・クリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、
 自分の山札を見る。その中からクリーチャーを1体選び、自分のマナゾーンに置いてもよい。
 その後、山札をシャッフルする。
 ■W・ブレイカー
 FT:「負けが決まってるっていうのに、ずいぶん頑張るじゃないか。」
 【解説】エイリアンのアタッカーだよ


4位:5ポイント(3・2)

 136. HN:わくちんさん
 【共鳴するワイルド・ホーン】【自然文明】【マナコスト:5】
 【種族:ホーン・ビースト/ハンター】【パワー:5000】
 ■バトルゾーンにあるハンターはすべて、Wブレイカーを得る。
 FT:ワイルド・ホーンの力は狩人達に伝染する。
 【解説】シンプルに行きました。ワイルドの頭文字はW(ブレイカー)です。

 120. HN:虎
 【旋風の狩人スワ郎】【火文明】【マナコスト:4】
 【種族:フェザーノイド/ハンター】【パワー:3000】
 ■スピードアタッカー
 ■ハンティング
 ■このクリーチャーの攻撃の後、このターンにブレイクしたシールド1枚につきカードを1枚引く。
 FT:家で待つ子どもたちのため、今日もせっせとハンティング。
 【解説】ツバメ=スワローってことで、巣で待つヒナ鳥に餌を運ぶ親ツバメのイメージ。


6位:4ポイント(3・1)

 54. HN:ファイブスター大好き涼宮さん
 【インフィニティ・ギル・ゲート】【火文明】【マナコスト:4】
 【種族:フレイム・コマンド/エイリアン】【パワー:4000】
 ■スペース・チャージ:闇
 SC-2コスト以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
 FT:パンドラ・スペースの力により、妖精は何度でも蘇る
 【解説】スペースチャージデッキでコートニーを常にフィールドに残せるようにできたらな…と作りました。


・上位入賞者の方は、メールまたは非公開コメントにて提示されていた賞品から欲しい順、
 郵便番号、住所、本名等をご明記ください。
 ※虎は辞退しますので、以下の方が対象となります。
 HN:いずみ、ぷらとん、わくちん、ファイブスター大好き涼宮(敬称略)

 連絡先:wa25487☆ca3.so-net.ne.jp(☆を@に変えて送ってください)

・7位以下は割愛しますが、審査員がどのカードにポイントを入れたかは↓の講評で分かります。


・以下、各審査員の審査基準や講評をいただきました。

【Yoshiki the Deadmanより】
エイリアン:82、95、61 ハンター:161、120、176

審査基準:カードデザインがフレーバーに沿っていて無駄がなく、
     面白い体験をプレイヤーに与えるものであるか あとダジャレ

講評:
 全体的にゴチャゴチャしたカードが多かった印象です。
 特にエイリアン側では、異様に複雑なマナ操作や、3~5種類のスペースチャージを持ったデザインの
 カードが多く、なおかつそれらが特に何のシナジーも形成していないものが大半でした。
 これらのカードは、パッと見の派手さこそありますが、
 実際の動きが地味だったり無駄が多かったりするものばかりだったため、今回は1枚も推薦していません。
 他方、ハンター側については、既存のカードのリメイクと称して、
 様々な要素を付け足しただけのものが多かった印象です。
 過去のカードデザインを下敷きにするにしても、せっかくハンターという指定があるのですから、
 「ハンターらしさ」を前面に出してカードをデザインして欲しかったところです。

 もちろん、素晴らしいデザインのカードもありました。

 特に、エイリアン側では82が秀逸でした。エイリアンのイメージ、スペースチャージの絶妙な条件達成の
 難しさ、動きの面白さ、テキストのケレン味、覚えやすいカード名やフレーバーテキストなど、
 全てにおいて他の応募作品よりも優れていたと思います。
 個人的には、カードパワー的にパワーが2000あっても良かったかなとは思います。
 また、95はシンプルなデザインながらスペースチャージをうまく誘発させるようになっており、
 1個目の能力と合わせてアグレッシブなエイリアンデッキを作らせようという意識が感じられるいいカードです。
 山札からマナゾーンに置けるカードもクリーチャーに限定されており、
 デッキ構築に適度な縛りを設けているのも、イマジネーションがかき立てられて良いです。
 61は、完全に個人的な趣味ですが、フレーバーテキストの「君たちも宇宙の暇人だろう!」にやられました。
 この辺りは元ネタを踏まえつつ、ストロング7のボルバルザークのくだりを踏襲している感じがして良いですね。
 普通のカードとして見るとやや制限が厳しすぎますが、ジョークカードとしては非常に優れていると思います。

 ハンター側としては、161に最も惹かれました。名前とフレーバーテキストが秀逸ですが、
 これが「レッド・コマンド・ドラゴン」を付加する能力にまでかかっているのが素晴らしいですね。
 コストやサイズもバランス良く調整されており、
 デッキ構築の想像力をかき立てる非常に良いデザインだと思います。
 また、120は、シンプルながら強力な効果にデザインされており、
 ドロー能力もツバメのイメージにピッタリです。
 このままカード化されてもおかしくないぐらいのレベルですね。
 ドロー能力のテキストの設定がやや杜撰なのが惜しいところでした。
 最後に、176ですが、能力的には平凡なものの、バロムがハンターになるという設定を、
 うまくカード名やフレーバーテキストで表現できているのが良いですね。
 熱血なバロムを一度見てみたいものです。


【ニシハラさんより】
 審査基準は「エイリアン→実用性、ハンター→FT」です。

 エイリアン候補 12・39・48・49・52・79・82
 ハンター候補 118・120・122・144・172・157

 の中から、

 エイリアン:1位82、2位39、3位52

 "【増殖軍団ジオ・ノコノコキノッコ】のテキスト"
 1枚でもシールドに行ってたら・・・と思うとためらってしまいそうですが、無茶してないので。

 "【ギル・ヘヴィ】のテキスト"
 なぜ赤いのかはさておき、これがHDMの左側を担えたりすると面白そうですよね。

 "【極道野菜ダンディ・ナスヲ】のテキスト"
 超強いドロー。Deadmanさんがダジャレ枠で選んでいそうな気もするけど一応。

 ハンター:1位120、2位157、3位122

 "【旋風の狩人スワ郎】のテキスト"
 FT重視で。実際にありそうなスペックもナイス。

 "【超絶無双ボルバルザーク】のテキスト"
 FTの勢いだけで選びました。実際の性能はちょっと無茶してますよね。

 "【天空の聖霊ラピュータ】のテキスト"
 ムスカ枠で。直球ズバリな1枚を。

 を選ばせていただきました。


【一城なつきさんより】
 オリカコンテストの審査結果です!

 ■3ポイント
 161.【レッドホット・チリ・ピッピー】
 名前、コスト、能力テキストともに文句なし。フレーバーもグッド。
 ドラゴンが絡むと、やはりかっこいいですね。
 簡潔で魅力的。実際に使ってみたい能力です。

 82.【増殖軍団ジオ・ノコノコキノッコ】
 これも能力的にはほぼ言うことナシですね。
 自動的に墓地に送るより、攻撃する時にマナに置く……などの方がそれっぽそうですけど。
 楽しそうでいいデザインだなと思いました。

 ■2ポイント
 28.【ガルベリアス・スペース・ドラゴン】
 ヒロイックでカッコよく、バランスも悪くない。
 テキストと、自然のSCの能力はちょっとイマイチかなと思いますが、
 それを補って余りある「勢い」があるので。

 179.【轟爆ネテロ・レオニダス】
 実にトリッキーですね。「ハンティング」の特性をうまく生かしています。
 《ガッツンダー》が似たような能力ですね。
 ハンター軍の戦い方としては、熱くていいんじゃないでしょうか。

 ■1ポイント
 95.【隼総の化身(ジオ・ファルコ・トーテム)】
 コントロール向けのカードが多いエイリアンの中で、
 明確に「攻撃しろ!」と言っているクリーチャー。
 攻撃しながらSCで妨害するという動きに魅力を感じました。

 54.【インフィニティ・ギル・ゲート】
 誰もが考える「ここに《コートニー》がいればなぁ」という思いを
 うまいこと形にしたなあ、というカードでした。
 ただ、そのままだとちょっと強い気がするなあ。

 ■審査のポイント
 総計で181枚。審査は大変でしたが、楽しかったです。
 審査のポイントは、やはり「テキストの丁寧さ」を見ました。
 できる限り簡潔で分かりやすく、誤解の少なそうなテキストであることが大きな基準でしたね。
 やりたいことはわからなくもないけれど、テキストを見る限りでは誤解されそうだな、というカードは
 やっぱり「使いたい!」という気持ちが起こらないものでして……。

 今回選んだ6枚は、特に「使いたい!」「動きが見たい!」という
 魅力的なカードを選んでみました。

 斬新なアイディアや面白そうなカードが多く、
 とても楽しかったです。ありがとうございました。


【プラトさんより】
 3ポイント
 ・82
 ・117
 2ポイント
 ・134
 ・136
 1ポイント
 ・154
 ・180
 審査員の1人として参加させていただきました、プラトです。
 今回の応募条件は『“サイキックではない”エイリアンorハンター・クリーチャー』。
 “エイリアンor”なので、正直、“エイリアン・クロスギア”とか“エイリアン・呪文”は
 送られてくるんじゃないかな、と思っていました。
 結果的には全てクリーチャーだったはずなので、応募してくれた方々は素直な人ばかりでした。
 (1回の応募で2枚のカードを送ってきた猛者はいましたけどね)

 私の審査基準(超人ふるい落とし)は、第1に“テキストに不備がないか”、
 第2に“分かりやすい能力で強すぎないか”、最後に“気分”です。
 例えば多色カードに『タップしておく』の記述がなければアウト、テキストが長すぎるとアウト。
 そんな感じです。特に強すぎる能力として『スピード・アタッカー』には気をつけました。
 1文追加するだけで、断然強くなりますからね。

 これを書いている時点では審査結果は分かりませんが、
 きっと、あのカードはランクインしていることでしょう。
 最終的にシンプル・イズ・ベストで選ばせていただきましたからッ!!


【虎より】
 審査基準:シンプル。エイリアン、ハンターであることに意味がある。

 ■3ポイント
  ☆54.【インフィニティ・ギル・ゲート】
  ・デッキビルダーで《コートニー》が再録されたし。コンパクトで、いいデザインだなーと。
  ☆136.【共鳴するワイルド・ホーン】
  ・分かりやすい。自身が6マナ・パワー6000くらいが実用的かなーと。
 
 ■2ポイント
  ☆95.【隼総の化身(ジオ・ファルコ・トーテム)】
  ・エイリアンが攻めやすくなるなーと。設置してSCクリーチャーを置いて効果発動とかイイ。
  ☆165.【ダブルソード・紅(くれない)・ドラゴン】
  ・横に並ぶ動きが無駄にならないし、ドラゴン/ハンターだし。除去が薄いイメージを払拭してくれそう。

 ■1ポイント
  ☆61.【赤髪の自由人(イエロー・ハート・スチューピッド)】
  ・効果はさておき、虎の世代には刺さる元ネタでFTも面白かった。効果がロケットっぽければ、あるいは…
  ☆107.【焔のたてがみ(フレイム・ヘアー)】
  ・カッコイイし、仲間と協力して強くなるっていうのがイイなーと。

 どれもこれも力作ばかりだったので、個人的にイイな~と思ったものは後ほどピックアップします。


改めて、ご応募いただいた皆様、ありがとうございました!

これも普段から当ブログを読んでくださっている皆様、宣伝・拡散してくださった皆様のおかげです。

審査員の方々にも、180枚を超えるカードを審査していただいて感謝してます。

また来年も…やるかどうかは全くの未定ですが、何かしらの記念イベントは行うと思います。…多分。

『コレ虎で賞』の抽選は、後日発表します。(当選者7名はツイッターで公開しています)


賞品が届くまでがキャンペーンなので、受賞者の皆さんはお楽しみにー☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。