スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白黒ハッキリ

人のフンドシで相撲を取るにも、それなりの腕が必要だよね。


別に虎がそうだって意味じゃなくてね。

今日は最近まで使っていたデッキの紹介。まあプラトさんのをサンプリングしたやつです。


【白緑赤M・ロマノフ】

1×光牙忍ハヤブサマル
2×宣凶師ロッカナタ
4×霞み妖精ジャスミン
1×シビレアシダケ
1×大冒犬ヤッタルワン
1×幻緑の双月
4×進化の化身
2×結界するブロークン・ホーン
3×大神秘イダ
3×斬斬人形コダマンマ
1×邪神M・ロマノフ

4×超次元サプライズ・ホール
3×DNA・スパーク
4×超次元ボルシャック・ホール
4×超次元シューティング・ホール
2×超次元ホワイトグリーン・ホール

1×時空の英雄アンタッチャブル
1×時空の探検家ジョン
1×アルプスの使徒メリーアン
1×イオの伝道師ガガ・パックン
1×時空の戦猫シンカイヤヌス(→時空の喧嘩屋キル?)
1×ブーストグレンオー
1×レッド・ABYTHEN・カイザー
1×ガイアール・カイザー


・相似と相違

ほぼ黒型と動きは同じで、加速→《化身》→《Mロマ》からの赤いホール系。

サイズの大きさを生かして加速→《ロッカナタ》→《イダ》のゴリ押しとか。

黒型が《トリッパー》で遅らせるのに対して、白型は《サプライズ穴》からの《パックン》。

キリコ系が多い環境であれば、《赤マンマ》→《ジェットドリル》で足止め。

(北関東は比較的キリコが少なく、青黒系が多いので《赤マンマ》を使用している)

異なるのは白いカードによるビート耐性で、《白緑穴》や《スパーク》が強力。

速攻に対してはST《サプライズ穴》からの展開が頼りになる。

《メリーアン》という手軽なブロッカーで持ち堪えたり、《青ヤヌス》などで切り返していきたいところ。

前者は種族がハンターなので、《ガイアール》存在時には3/5を頭の片隅に入れておくこと。

《青ヤヌス》は赤いクリーチャーと組み合わせたいが、ループさせる青いクリーチャーがいないため微妙。

使い捨てのSAとして見れば悪くないが、《エビセン》と絡めるなら《キル》でもよい。

むしろ《白緑穴》+《サプライズ穴》で《青ヤヌス》→《キル》も強いのだが。


(自身より速い)ビート系に対して劣勢になりやすい黒型の弱点を補った白型。

コントロール寄りの動きがあるため、やや上級者向けかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白入りはリバイヴホールが入らないので、Mを回収したり隼を回収したり出来ず、そんなに強くないと思っていました。


しかし、白緑穴からのDNAやサプライズからのメリーアンでビート体制が十分あることがわかりました。

私の周りの環境は青黒が流行っているので、キャバルトが強そうです。

なので白Mを私も作ってみたいと思います。



ところで、青ヤヌスから出す赤のクリーチャーは多分ジョンジョジョンだと思います。

ほかにもう一体いれば打点をかなり稼ぐことが出来ますし^^

>Notfoundさん

コメントありがとうございます。
私も少し前の白Mが手に合わなくて崩したのですが、このデッキは合う感じですね。
青黒系には《ブロークン》が刺さりまくるのでオススメです。

ああ、そういやそうでした。《ジョジョ》が赤いのを記事を書いている時には失念してましたw
プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。