スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたと合体したい

猛烈アタック。


カジュアルな雰囲気で組んだけど、そこそこガチでも戦えそうなデッキ。

E1デッキの候補の1つでもあったので、残骸を通常環境対応にしてみただけ。


【白緑サイキック】

1×光牙忍ハヤブサマル
2×予言者ヨーデル・ワイス
4×霞み妖精ジャスミン
2×青銅の鎧
4×次元流の豪力

4×超次元シャイニー・ホール
1×超次元ドラヴィタ・ホール(⇔雷鳴の守護者ミスト・リエス)
4×DNA・スパーク
4×フェアリー・ライフ
4×リーフストーム・トラップ
4×ハッスル・キャッスル
2×超次元フェアリー・ホール
4×超次元ホワイトグリーン・ホール

1×流星のフォーエバー・カイザー
1×ウコン・ピッピー
1×サコン・ピッピー
1×光器セイント・アヴェ・マリア
1×光器シャンデリア
1×アルプスの使徒メリーアン
1×タイタンの大地ジオ・ザ・マン
1×アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>(⇔イオの伝道師ガガ・パックン)

(⇔は変更前、またパンツァーを未所持の場合の参考までに)


・基本的な動き

ネクラと同様に加速→《ハッスル》要塞化だが、基本的にマナは5で十分。

無理にマナを伸ばさずに、強力な5マナ域のカードを毎ターン投げつけていけばOK。

特に幅広く覚醒獣を展開できる《豪力》が大活躍してくれるだろう。

相手の除去に対して、こちらの手数が上回った時点で、覚醒リンクして一気にゲームを動かせる。

また《妖精穴》や加速獣を展開したり、手に余った《ライフ》をマナ置きすれば、自然とマナが伸びていく。

《ハッスル》を張れていれば、10マナに到達して5マナ連打をしてけるので非常に強力。

相手へのマスト除去を《リフスト》で押さえていければ、あとは自分がしたいように展開していくだけ。

《BAGOOON》によってドローの選択肢が増えたのも追い風となっている。

しかし攻撃されなくてもバトル対象には選ばれてしまうので、《ゾルゲ》等には要注意。


・脆そうに見えて

《ハッスル》を張った状態で《白緑穴》で《DNA》を仕込めると非常に守りが堅くなる。

《ハッスル》の置き換え効果で仕込んだ盾を選べるのも勿論だが、

盾が《ハッスル》のみになった時に仕込めると、W・ブレイクされた時に突破されない。

2枚目のブレイクの前に、新たに増えた盾に置き換え効果が使えるからだ。

ブロッカーや除去で相手のアタッカーをコントロールできれば、非常に突破されにくい。


構築もプレイングも非常にシンプルですが、回してみると奥深いデッキです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。