スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自戒の意味を込めて、これからのために

笑い話で済ませてはいけない。


仮に言いたいことがあっても、自分の中に怒りとかの感情があって相手にうまく伝えられないと感じたり、

感情的になって、それが相手に反感を与えて伝えたいことが伝わらないのがイヤなんです。

書こうかどうか少し迷ったけど、このままハイハイお疲れって終わらせちゃいけないと思ったから。


3・4月は歓送迎会、お花見、各種飲み会など、お酒の席が多くなる時期です。

私自身、飲み過ぎて何度か苦しい思いをしたことがあります。

それでもお酒の席はありますし、楽しくお酒を飲みたいのは誰しもが思うことでしょう。

そこで特定の誰かに向けるわけではなく、自分への戒めとして書かせていただきます。


●自分の立場を考えて参加する

自分が送られる側なのか、送る側なのか、招待される側なのか、もてなす側なのか。

羽目を外していい側なのか、いざという時のために備える側なのか。

自分だけがお酒を飲んで楽しみたいというのは、よほど酒豪でない限り難しいでしょう。

私自身、セッティング側が多いので、飲んでも冷静でいられるように心がけています。

またお酒が弱い方なので、自分の中で苦しくならないようにブレーキをかけています。

これは過去に苦しい思いをしている経験があればこそ、ですけどね。

夜に運転しない運転者も翌日のことを考えて、お酒が残らないようにするのが鉄則。

保険の関係等もありますし、それがイヤなら運転の代理を頼んでおけばいいんです。

自分に万が一のことがあった時、誰が面倒をみることになるのか?

どれだけの人に迷惑が掛かってしまうのか?

招待された側に万が一のことがあれば、招待した側が責任を感じてしまいます。

基本的には自己責任でも、何処かに責任というものが降りかかってしまうもの。

また介抱する際にも、仲間や友達のためなら自分のことは後回しで。

服が汚れても買えばいい。迷惑を掛けたら謝る。でも命は取り返しがつかないもの。

自分を犠牲にしろってことじゃなく、いざって時に一肌脱ぐのが仲間だろってことで。

少し冷静に考えて、落ち着いてお酒の席を楽しめればと思います。


●場の空気を読む

これは難しいことですし、セオリーなんてありません。

ただ、その場で適切な行動なのかどうか、少し落ち着いてみる余裕が欲しいですね。

この落ち着きを欠いてしまう原因が、急ピッチで飲んでテンションを上げてしまうこと。

あまり強くないのにハイペースで飲んでしまうと、ダウンしてしまうのは当然。

自分の強さが分からないのであれば、様子を見ながら少しずつ飲めばいいんです。

今のご時世、ゲーム感覚で一気飲みを強要させるような人は、まさかいませんよね?

また話題も飲み会では選ぶ必要があるでしょう。

人数が多いと、いくつかのグループに分かれてしまうのは仕方のないことです。

それでも、交流をメインとしているような場であれば、身内で固まるのは勿体ない。

男女の合コンで、同性の友達とばかり話しているようなものです。

職場の飲み会で、若者だけで盛り上がっていたら上司は不愉快に思うかもしれません。

自分から話題を振ることが難しければ、最初は自己紹介とかでもいいんです。

きっと年長者が牽引して話題を広げて下さるはず(チラッ

自分が話をするだけでなく、相手(周囲)の話を聞くこともまた大切だと思います。

その場の雰囲気も、読み取れるといいですね。

羽目を外して好きなように飲んで盛り上がっていいのか?

飲むことよりも会話や交流を楽しむのか?

基本的には、幹事の顔を立てて慎重なりすぎない程度に行動しましょう。


んーこんな感じですかねぇ。これからの時期、私も気をつけます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。