スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調整する前に紹介 その1

新弾が出る前に、今の環境をおさらいするような感じで。


前振り無しで、ポンポンとデッキを紹介していくよー。

(・ω・=)~<待ってろ、あいりん!(※SKE48・古川愛李)


福島CSで使用する予定で調整していたデッキの紹介。

いつもはパパッと要点だけ書いて終わりーって感じですが、今回は細かく。

書こうと思えば書けるけど、長いと読むこと自体が敬遠されそうでね。


【青赤緑Λエクス/虎式】

1×光牙忍ハヤブサマル
4×超電磁コスモ・セブΛ
4×アクア・サーファー
1×問答無用だ!鬼丸ボーイ
2×爆竜GENJI・XX
3×シビレアシダケ
3×大冒犬ヤッタルワン
3×幻緑の双月
4×進化の化身
3×次元流の豪力(→1枚を躍動するジオ・ホーンにしても可)
4×ボルバルザーク・エクス

4×ドンドン吸いこむナウ
4×超次元シューティング・ホール(→《GENJI・XX》と枚数調整)

1×流星のフォーエバー・カイザー
1×レッド・ABYTHEN・カイザー
1×不死身のブーストグレンオー
1×ガイアール・カイザー
1×ブーストグレンオー
1×エイリアン・ファーザー〈1曲いかが?〉
1×光器セイント・アヴェ・マリア
1×魂の大番長「四つ牙」


・伝説の後継機

2マナ加速獣→《化身》→《Λ》→追撃・展開→《エクス》~というのが理想の流れ。

デッキとしては、同色のMロマビートの後継タイプとなる。

《Mロマ》がプレ殿する前後での違いとしては、マナの伸びが挙げられる。

《Mロマ》がプレ殿するまでの間は、5マナの火のホール系呪文が多用されていた。

しかしプレ殿以降は《イダ》の使用率も下がり、6マナ以上のカードも投入され始めた。

むしろ6マナ以上のカードを多用するために《イダ》を採用しないのかもしれない。

その筆頭が《エクス》である。次点では《GENJI・XX》だろう。

《エクス》は《Λ》によって増えた手札からの追撃、また《Λ》の進化元にもなれる。

《GENJI》は“《ベルリン》の壁”を突破できるSAであり、《Λ》直後の追撃として。

コントロールの《ベルリン》を意識すれば《シューティング穴》より優先される。

注目株の《豪力》も選択肢が増え、《四つ牙》で《エクス》まで繋げたり、

《フォーエバー》で相手の覚醒獣を止めつつアタッカーを増やしたり。

速攻や同系では《アヴェ・マリア》を立てて牽制することも可能ではある。


・ビートは駅伝が理想

プレ殿によって《Mロマ》による爆発力は欠いてしまったものの、

加速から《化身》による《Λ》サーチは非常に安定し、後続が絶えない動きである。

2マナ加速獣と《化身》の2体ともが《Λ》の進化元となるのが心強い。

色の組み合わせで《吸いこむ》も非常に安定した性能を誇る。

序盤はバウンス対象を取らないことが多いので、水のカードを加えても問題ない。

全体的にサーチ手段やドローが豊富なため《Λ》4積みは多く感じるかもしれないが、

5マナで《Λ》→2マナ加速獣を進化元に《Λ》という追撃が非常に強力である。

最初の《Λ》の返しに相手の《時空ガンヴィ》を食らって勢いを削がれても、

マナを伸ばしつつ、ドローをしながら追撃するという厄介極まりない動きをする。


・カスタマイズ

序盤の動きがポイントとなるが、安定性を求めるか、汎用性を求めるか。

安定性を求めるのであれば、2マナ加速獣を10枚前後で調整したり、

サーチ手段である《ジオ・ホーン》などを増やしたりしてみてもいいだろう。

《イダ》の代わりに《豪力》を採用しているので、サーチ先は二択となる。

逆に2→4→5ラインは必ずできる!と割り切って5マナ以上のカードを増やしてもよい。

《ジオ・ホーン》も4マナの状態以外では1Tのラグが生まれてしまう。

3マナのカードも事故の際にはフォローとなるが、割り切る覚悟もまた選択肢の一つ。

汎用性を求めるのであれば、相手の妨害ができるカードを入れてみるとよい。

《ゴーゴン》で呪文対策、《ジェットドリル》で加速対策、《ハチ公》でハンデス対策など。

《ゴーゴン》は強力だが、自分の《吸いこむ》が使いにくくなり、

《Λ》の進化元にはなれないので注意が必要である。


・立ち回り方

まず、虎の主観によるものなので、決して鵜呑みにしないで欲しい。盲信厳禁。

基本的には進化元の除去とハンデスが有効である。

前述のように2マナ加速獣→《化身》で進化元が2体になるため、除去は困難である。

その場合はハンデスで《Λ》を抜いてしまえば、進化される確率は大幅に下がる。

(相手が《Λ》を2枚以上持っているか、トップで《Λ》を引かれる進化される)

また《Λ》のドローがATなので、7000以上のブロッカーを立てておくことが有効。

手軽なところでは《アヴェ・マリア》《HEIKE・XX》などが使いやすい。

《ディアボZ》も優秀だが、《シューティング穴》《吸いこむ》には警戒が必要。

またタップインさせる《スベンガリィ》等も有効なのはMロマ時代から変わらない。

相手の《Λ》が殴ってきた場合、基本的には除去とハンデスの二択となる。

盾に余裕があれば《Λ》を放置して《ロスト》を放ち、相手の手札を0にする。

そうすることで相手の追撃を抑え込み、《Λ》のメテオバーンのコスト補充もさせない。

《Λ》に《Λ》は重ねられないので、次のターンで《Λ》を処理した方がよい。

ただ、相手の手札を0にしない限り、ハンデスが有効とは言えない。

(厳密には相手の手札のクリーチャーを0にすることが有効である)

相手が手札を使い切っての3ドローであれば、《ガンヴィート・ブラスター》も有効。

《Λ》を破壊しつつ、相手の手札を1枚にできれば最速からの《Λ》の手札進化は不可。

除去も間違っていないが《時空ガンヴィ》を出してしまうと、

2体目の《Λ》やSAが殴ってきた時に対処しにくくなるので注意。

…と言ってもパワーが7000あるので、《時空ガンヴィ》に頼らざるを得ないことが多い。

殴り返し要員を立てていても、《Λ》後にSAが次々と投下される可能性もあるので注意。


新弾で登場予定の多色覚醒獣によっても強化されそうなデッキ。

デッキ全体というか、《豪力》《シューティング穴》が強化されるわけですけど。

昔の牙マルコが洗練され、転生したような気分で手に取ってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。