スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェフのきまぐれレシピ#4

もはや週刊は諦めたらしい。

(・ω・=)~<やあ、虎だよ。

以前に身内のyasu君が組んでて、最近プラトさんが組んでるのを見て組んでみたデッキ。

Deadmanに「うわー好きそうなデッキっすねー!」って言われたけど、結構好き(笑)

ミッド(ミドル)レンジてのは中距離、つまりは中速デッキってことね。


【黒緑ミッドレンジ】

3×停滞の影タイム・トリッパー
2×影バトウ・ショルダー
4×解体人形ジェニー
2×待ち伏せオニゾウ
4×霞み妖精ジャスミン
1×次元流の豪力

4×超次元ミカド・ホール
4×超次元バイス・ホール
2×地獄門デス・ゲート
4×フェアリー・ライフ
2×父なる大地
4×マナ・クライシス
4×超次元フェアリー・ホール

2×時空の喧嘩屋キル
1×時空の戦猫シンカイヤヌス
1×タイタンの大地ジオ・ザ・マン
1×勝利のリュウセイ・カイザー
1×勝利のガイアール・カイザー
1×時空の凶兵ブラック・ガンヴィート
1×時空の封殺ディアスZ


・基本的な動き

2マナ加速→《トリッパー》or《ジェニー》or《マナクラ》。

5マナに達したら超次元呪文を唱えていく。

出鼻を挫いたところで、サイキックを連打して展開していくイメージ。

相手のデッキが軽量バウンスを搭載しているのであれば、《キル》《キル》を優先する。

そうでなければ《勝利リュウセイ》のタップインが最も効果的であろう。

完全に盤面や手札を制圧する必要はなく、相手を倒せるだけの頭数を揃えたら攻撃する。

《勝利リュウセイ》《セツダン》《セツダン》という盤面から、

《勝利ガイアール》を追加して殴り切るのが基本的なパターンの1つとなるだろう。

《ジェニー》《マナクラ》で相手の好きなカードを墓地に置けるので、

相手によっては《バトウ》で大きく動きを停滞させられるだろう。


・細かいプレイング

最高域が6なので、むやみにマナチャージする必要は無い。

また必ずしも2→4→サイキックに拘る必要は無く、

超次元呪文しかないような手札によっては先に妨害をしながら捨て札(※)を待つのもよい。

(※このデッキでは《ライフ》のようにマナが伸びた後に不要となるカードのこと)

例えば自分が先攻で《ライフ》→《トリッパー》と動いた後、

手札に《ジェニー》《ミカド穴》《妖精穴》があるとする。

《ジェニー》を置いて《ミカド穴》→《妖精穴》と動いてもよいが、

さらに相手の動きを縛るなら何も置かずに《ジェニー》でもよい。

その次のターンに引いた手札を置いてから前述の流れに入るのも選択肢としてある。

これは相手のデッキや動きによってどちらが最善とは言い切れないので注意。

ただ《ジェニー》に関してはクリーチャー=アタッカーであり、相手の手札を見られるので、

少し足踏みしても出すことを優先してもよい傾向にある。

一方で《マナクラ》は《トリッパー》ありきで有効になる場面が多い傾向にあると言える。

単純なランデスのみだとターンが経過するだけで終わってしまうことも少なくない。

例えば相手の緑マナを削って加速をさせないことを想定して、

《ライフ》→《マナクラ》→《マナクラ》と連打しても、必ずしもうまくいく保証はないため、

《ライフ》→《マナクラ》→《勝利リュウセイ》などに繋いでしまっても差は出にくい。

マナを伸ばして高コストカードにアクセスするデッキであれば、この辺のプレイングは気にする必要はない。


単純そうなプレイングでも、一手一手を相当シビアに動かさないとパワー負けしてしまうこともしばしば。

上級者向けで学べることが多いデッキなので、これからさらに突き詰めていけたらと思います。
スポンサーサイト

テーマ : デュエルマスターズ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。