スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットトレードのススメ―step1:新弾希望編

今日はTCGのネットトレードについて書こうと思います。

まあ興味のない人はスルーしてくださいな。


一応、高2から始めたので・・・トレード歴は7年になりますかね。

・・・計算は苦手なので、間違っててもスルーしてください(ぉ

ちなみに今まで一度も詐欺の被害を受けたことはありません。


欲しいカードはあるけど近くにショップがない!

ショップの価格じゃ高くて買えない!

それでも欲しいカードがある!・・・そんな方にオススメです。


今日は実話に基づく具体例を出してトレードの流れを説明します。

第1話:遊戯王の新弾のカードが欲しい編

植物族強化に伴って、多くのレアカードが登場するも軒並み高め。

希望は椿姫ティタニアル×3、ブラック・ガーデン×2、

薔薇の刻印×2、ボタニティ・ガール×3といったところ。


まずはオークファンなどで現在の入札価格をチェックします。

ここで注意するのは、落札価格は10~30%増しになる可能性があること。

例えば発売当初の《ティタニアル》の平均入札価格は5~600程度だったため、

落札予想価格は700~900くらいとなります。

これを基に以下のような買取希望価格を設定します。

椿姫ティタニアル:1枚800前後→1枚600買取希望

ブラック・ガーデン:1枚500前後→1枚300買取希望

薔薇の刻印:1枚500前後→1枚300買取希望

ボタニティ・ガール:1枚100前後→3枚セットで100買取希望


なぜ落札予想価格より低めに設定するのか。

それは安く買いたいからという消費者意識とは別に、

落札予想価格には「信用」が含まれているということが重要です。

特に大型オークションでは「評価」が存在し、ある程度の信用が得られます。

評価が高ければリスクが少なく、信用して交渉ができるというものです。

ショップの価格には「儲けと信用」が含まれていると言えますね。

1000円で販売されているなら4~500がカードの価値、あとは上記となります。

相手が全く知らない人なので自ら「信用」を上乗せする必要はありません。

高いブランド物でも安心して買えて、安心して使えるのは「信用」あってこそ。


次は実際にトレードの募集や投稿の説明をします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。