スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残業

教員という仕事について。

あ、内容は薄っぺらいので・・・お暇でしたら。

「おめーのデッキレシピには飽きたよ」って方には最適かも(^^;


土日・祝日が休み、夏・冬・春休みがあって、残業もない。

・・・そう思っている人も少なくないはず。


まず、ほとんどの土日・祝日は休日です。

しかし長期休暇中は生徒が来なくても出勤しなければなりません。

他の職種と比べると「長期休暇中に休みを取りやすい」ということです。

特に仕事がなければ、1週間まるまる休むこともザラ。

反面「平日の休みは取りにくい」ともいえます。

補強はできますが、あくまで補強であって、生徒のことを考えると休みにくい。

家庭の事情やら、余程のことでない限りは平日には休めません。

風邪引いても1日で治さなきゃと思うくらいですから・・・

(2日以上休むと周囲の反応が気になってしまいます)


始業は私の学校の場合は8:25、定時が17:10の8時間労働。

大体8時には出勤して、授業の準備やらをしています。

生徒は8:45くらいに登校し、14:40~15:10に下校します。

その間、休み時間はあっても、休憩時間は一切ありません。

生徒が帰って職員室に戻って、やっと一息つけるわけです。

火・木は16時まで部活があるので、およそ8時間働きっぱなしなのです。


職員室に戻ってから、自分の仕事に取り掛かります。

時期によっては副担任は暇だったりしますが、今は多忙かも。

私の場合は仕事を終えて定時に帰ることが多いのですが、今日の退勤は18時半。

いつもより1時間半くらい残業しているわけです。

無論、残業手当なんてものは存在しません。

今日は近々使う予定の校外宿泊のしおりを作成してました。

事前学習で、何週間も前から授業で使うことになっています。

特別支援学校の場合、何度も繰り返し学習することが重要なので。

内容は平仮名中心で、イラストを取り入れたり、理解しやすい配慮も必要。

1クラスあたり4~6人の生徒ですが、細かい配慮が欠かせません。

字が読めない生徒、発語がない生徒、興味がもてない生徒・・・

担任は「個別の指導計画」を作成して指導に当たるのも当然なのです。


ま、何が言いたいのかっていうと、珍しく残業して疲れたってことw

でも他の職種の残業に比べたら軽いだろうし、好きでやってることなので。

しおり作るのとか初めてでしたけど、これはこれで楽しいもんです。

周囲の先生方もサポートしてくれたり、フォローしてくれますし。

自分も何か力になりたい、何かしなくちゃって気持ちになるんです。

子どもたちの思い出のために、子どもたちの笑顔のためなら、尚更ね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。