スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズー!

最近、放置してた赤マルコ。

しかし《チェレンコ》の登場で私の中の何かが閃きました。

最近、時間を止めまくった赤レオポル。

しかしランデスcipドラゴンの投入で私の中の何かが弾けました。

そんな2つのシータカラーデッキのご紹介。


まずは青緑赤マルコビートから。

(DM vaultさんで公開させていただき、珍しく詳細に解説してます)

最近ほとんど見かけなくなった理由は推測するに2つ。

1つ目は単色クリが多く、《ドルボラン》が8マナであるということ。

《キングメタ》といっても、《宝剣》食らってマナが足りませんwとか。

2つ目はグラデビやドリメに見られるマッドネスクリの採用が難しい点。

4ターン《マルコ》に成功しても《アドバン》→《宝剣》とか。

その後のリカバリーが非常に困難でコントロールされてしまいます。


課題は4ターン《アドバン》に対抗して4ターン《マルコ》の重視かと。

それを実現させるのが《チェレンコ》少尉であります。

《双月》→《クゥリャン》→《マルコ》→《ふたつ牙》or《大和》に加え、

《チェレンコ》→《青銅》→《マルコ》→同上という流れを手に入れました。


しかし並べて一斉攻撃では《アドバン》→《宝剣》打ってくれと言ってるも同じ。

個人的には「《マルコ》で引いたら殴れ」だと考えてます。

先攻スタートで《チェレンコ》→《青銅》→《マルコ》の場合、

場には《青銅》&《マルコ》、手札は4枚、後攻なら5枚となります。

《青銅》が《双月》なら手札は3枚、後攻なら4枚となります。

先攻スタートで《双月》→《クゥリャン》→《マルコ》も同数となります。

ここで殴ると全て攻撃が通って相手の盾は2枚。

セオリーではありませんが、盾を減らすことを重視するので《マルコ》から攻撃。

とりあえず攻撃が通れば《アドバン》喰らっても手札が残ります。

1枚でも残れば《大和》《ふたつ牙》、次の《マルコ》に繋がります。

つまり、得た手札を減らされないプレイングなのかな~と考えます。


あくまで4ターン《アドバン》という最悪の事態を想定していますが、

大体食らうのは5ターン《アドバン》くらいが普通でしょうか。

1度しかブーストできない、2度したけど《アドバン》引けないなど。

そのためにも4ターン《マルコ》からのアタックかな~と。

盾から《アドバン》引かれても、手札が0になるのを避けるのが重要かと。

あとは後続の《大和》あたりが何とかしてくれるはずです。


また可能な限り3ターン《ジェニー》に対応したいので、

《マルコ》はマナに置かない方がいいと考えてます。


…割と計算とか適当だったりするので間違ってたらスイマセン(^^;

相変わらず文章にまとまりがない上に、大した考察や解説になってないっすね。

シータランデスの紹介は、次回にて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

>季風さん

コメントありがとうございます。
ちびまるこ面白そうですねw
《鬼面城》→《チェレンコ》とか回転率ヤバすぎ☆

あとで記事にするかもしれませんが、《宝剣》の殿堂だけでは済まないと思います。
相対的に《キングアルカ》が強化されてしまうので、キンアル側にも殿堂がかかる可能性があります。
そのためスーパーデッキに《キングアルカ》が1枚だったのか…なんて話を昨日してました。

Unknown

《チェレンコ》のおかげで最近はサイバーロードのビートもものすごく活発になって来たと思います。

自分も機会が有ったらテーマでちびまる子デッキとか名前付けて作ってみたいなーなんて(笑)


《英知と追撃》が殿堂に入ればもっと増えてくるのかな?
プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。