スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人的見解 その3

今日は《英知と追撃の宝剣》について、あくまで個人的な見解(ry

これまた殿堂と噂される筆頭のカードですが、私も同じように感じています。

今まで殿堂になったカードには大きく3つ特徴があると考えてます。


1、「止めにくい、止まらない」

《パシフィック・チャンピオン》《バジュラ》《インフィニティ・ドラゴン》…

・出されてしまうと一方的になってしまうカード


2、「1枚でアドを取り過ぎる」

《アストラル・リーフ》《アクアン》《炎槍と水剣の裁き》…

・大量ドロー、全体除去+αでデッキに1枚投入が妥当なカード


3、「よろしくない」

《ヘルスラッシュ》《ロスト・チャージャー》《魂と記憶の盾》…

・製作者側が望んでいる環境にそぐわないのに流行してしまったカード


《宝剣》は単純に1、2に該当すると考えます。

3は「殿堂になってみないと分からない」からです。

プレイヤー側の考えと制作側の考えは必ずしも一致するとは限りません。

また3は殿堂後にリメイク版が出ていなかったりします。

《インフェルノ・サイン》は《インフェルノ・ゲート》リメイクですが、

《魂と記憶の盾》のリメイク版は登場していないはず。

これは制作側が《盾》のようなカードが環境に必要ないと判断してるのかな?と。

…っと話がそれてきたので、この辺で。


1、なぜ止まらないのか?

現在のランデスのメタは《テルス・ルース》です。

デッキによっては他にもありますが、特定のデッキにしか搭載されません。

《万象の超人》あたりは今後シノビドルゲ以外でも注目されるかも。

《宝剣》は2体選んで除去できるため、《テルス》が除去られてしまいます。

《テルス》は《マナクラ》《焦土》《バジュラズ》等のメタにしかなりません。

そのため一部のデッキでは白が入っても《テルス》のスペースがありません。

一応止める方法としては呪文を封じる《デルフィン》、遅くする《ゴーゴン》。

《ゴーゴン》はデッキを選びますし、《デルフィン》は《宝剣》で出しにくい。


2、実質1:4交換であるということ

バウンスは1:0交換でアド損と言われますが、それは対象が1枚ならの話。

《サーファー》でクリーチャーを1体バウンスするのとは桁違いです。

DMには召喚酔いがあるため、戻されたクリを再度出しても殴れるのは次のターン。

しかもコストの重いクリなら出せなくなる可能性も高いです。

マナチャージも1枚なので、除去前のマナに達するのは次のターン。

2枚手札が増えてもマナが減っているので動きが制限されます。

ここで大量ハンデスを食らうと、以降コントロールされてゲームエンドでしょう。


《アドバンテージ》《ギャラクシー》との大きな違いは「対策がとれない」こと。

振り回されて流れが変わってしまうのに、それを防ぐ術がないのは厳しい。

この「対策がとれない」というのはデザインの問題です。

《アドバン》《ギャラクシー》は、よく読めば回避方法が書いてあります。

「盾を減らしておけ」「盾を焼けるようにしておけ」と。

回避できるから殿堂にはならない、ということではありませんけど。

しかし《宝剣》には、回避方法が書かれていません。

(少なくとも私には読み取る能力がありません)


一方でコントロールにとっては対ビートの切り札でもあります。

黒ランには2~4枚、黒青が入るなら1~2枚入るでしょう。

なので殿堂になっても黒ランが痛手を負う程度でしょうか。

個人的に《宝剣》の真骨頂は連打の圧倒的な除去&ランデスだと思うので、

1枚になるのは妥当なのかな~と感じてます。


《アドバン》《ギャラクシー》は意図した回避があるパワーカード。

そりゃ使われて面白いわけはないですけど、デザインとしては悪くない。

少なくとも完璧ではありませんし、ちゃんと弱い側面を持ち合わせているから。

《アドバンテージ》は殿堂である《スケルトン・バイス》のリメイク?

コントロール同士で序盤に落とせるのは3~5枚くらいだが、盾で変動。

《ギャラクシー》は殿堂である《インフィニティ・ドラゴン》の能力リメイク?

単体のみで攻撃すれば解除可能ってところが改善点かな。


《宝剣》は一昔前のカードだからか、回避が困難なパワーカード。

ボードに触れないはずのランデスの禁忌を犯してしまったかのような。

相手が処理を選べても強力すぎる、弱い側面が著しく狭いような気がします。

なので《宝剣》は殿堂に値するカードかな~と。


ちなみに…使われて面白いか、つまらないのかってのは、

結局は人それぞれになっちゃうので述べません。

少なくともカジュアルな人は今日まで挙げた3枚は面白くないでしょうし。

《キング》や《デルフィン》なんかも同じでしょう。

トーナメントな人からすれば、どれもメタのひとつくらいな捉え方でしょうし。

コントロール志向が多いので《ブレイズクロー》の方が断然つまんないかも。

個人的な見解だと、環境が一色にならなければ別にいいじゃんって感じです。

ビートもコントロールも個人的には好きなので、どっちが流行しても無問題。



今日まで3枚のカードを挙げ、あとは《キング》も挙げようかと思いましたが、

結論としては「とりあえず対策をして環境を楽しもう」ってことです。

少なくとも強くて使われたくないって理由で殿堂と言うのは勿体ない。

RPGでボスに勝てなかったらレベル上げとかするじゃないですか。

ゲーム作った会社に「ボスが強すぎるんで弱くしてくれ」って言いませんよね。

「対策したけど勝てなくてつまんない」のであれば文句も仕方ないでしょう。

無策で勝てないのを理由に殿堂って言ってませんか?

…ってのが言いたいことだったりします。

なんとなく《ギャラクシー》や《アドバン》がない環境でコントロールしたい、

そんなふうに聞こえてしまって、少し疑問に思ってしまいました。

少なくとも「環境のために~を殿堂にすべき、こんな環境であるでき」といった、

DMの環境に対する見解ではなく、殿堂と噂されるカードへの個人的見解ですね。


この2枚に対する回答は速攻・ビートでしょうから、

同系のコントロールで挑むと先手有利なのは当たり前の結果でしょう。

盾は減らないから5枚ハンデス、盾を割りにくくて《ギャラクシー》除去れない。

アンブロッカブル、ST封じが存在するグラデビあたりがメタへの回答かと。

提督あるし、ついでに《ゴーゴン》で《宝剣》も打たれにくい。


個人的な殿堂の予想としては…


プレミアム殿堂:なし

殿堂:《英知と追撃の宝剣》《聖鎧亜キング・アルカディアス》《龍神ヘヴィ》

コンビ殿堂:《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》+《母なる~》2種


こんなところでしょうが、多分コンビは覚えにくいからなさそう。

《キング》+《デルフィン》のコンビは重すぎるし。

《宝剣》のみ殿堂だと《キング》が止まらなくなるので一緒に殿堂。

出されると《デルフィン》と同じく行動が著しく制限されちゃうし。

クロスに《大和》は2枚なのに《キング》1枚なのは殿堂への布石かも。

《ヘヴィ》は大穴だけど、HDMの流行の度合を見ると全くありえなくはない。

《アクア・ハルカス》が殿堂になった例もあるし。


仮に製作者側がビート推奨でカードをデザインしたとしても、

多くのプレイヤーがコントロール志向だとビート環境にはシフトしにくいかも。

よっぽど「ビート強ぇ!」ってカードが多く出ない限りは…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

>Kanjuさん

コメントありがとうございます。
確かに「強いけど対策できる」から殿堂ではない、というのは正論ではないと思います。
ただ対策の度合にも寄るのかな?と思います。
今までのDMの殿堂を見ていると対策の難しいカードが入りやすい傾向にあると考えたためです。

説得力に欠けるのは「個人的見解」である以上、欠けていて当然です(^^;
そもそも述べているだけなので読み手を説得する気がありません。
私は殿堂の噂に対してこんな考えです、程度で。

Unknown

そろそろ大地がP殿堂というのは、ありえますね。

個人的には「対策があるから」という理由で殿堂ではないと主張するのは好きじゃありません。
その主張はボルバル、ボルホワ、今の遊戯王も。どの時代でもいつも言われていたことですし。
今のトップメタが、その主張通りだとしても、説得力に欠けると思います。

最近は「短期間で殿堂」というのはしない方がいいと思います。
なんだかんだ言って、対策が練られれば対処法が見つかるカードも多いですから。
そういう意味で、最近のパワーカードは見逃されるという可能性は高いと思います。
プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。