スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X

相手クリーチャーを潰し合わせたり、自分のクリーチャーにぶつけたり。

そんな風にしか思っていませんでしたが、少し見方が変わりました。


まず水文明でありながら2体タップできるという点。

白が入らなくてもタップキルがしやすくなったということです。

現在、クリーチャーをタップするのは対《ギャラクシー》おいて有効です。

また呪文であるため《キングアルカ》がいても使用することができます。


ただ「タップしてあるクリーチャーを選べない」ので注意が必要です。

つまりビートに対して、それほど有効ではないといえます。

またアタック・ブロックの宣言がないため、能力等は発揮されません。

なのでバイオ~、ニンジャストライクによるサポートはできません。

そして対象が召喚酔いしていてもOKであること。

また攻撃できないクリーチャーでもOKです。

新弾の《ガンバレット》のチュウザンコウが炸裂することも…?


では、どのような場面で有効なのか考えてみましょう。


・相手の《ミストリエス》を除去する

《ミスト》の横にいそうなのが《テルス》、《デ・バウラ》など。

《ミスト》を相手クリとバトルさせ除去、もう1体をタップキル。

横に《青銅》《ジェニー》でも、バトル後に《ミスト》をタップキル。

キンアルであれば《ベガ》などの5マナ多色クリとの相討ちが狙えます。


・相手の《キング・アルカディアス》を除去する

キンアルに投入されやすい《ギャラクシー》とバトルさせます。

《ギャラクシー》は場を離れませんが、SFを解除しやすくなります。

《宝剣》を食らった後でも5マナなので比較的打てる可能性が高いでしょう。

相手にいなければ、自分の《ギャラクシー》とバトルさせてもいいですね。


・攻撃されないクリーチャーを除去する

対象となるのは《スケルハンター》《スケル・アイ》《クック・ポロン》あたり。

召喚酔いしているうちに唱えられれば、の話ですが。

これらをメタるのであれば《ノーブル・エンフォーサー》が無難ですね。

ただ《マリエル》を除去できることを覚えておきましょう。


あとは自発的に有効に働くような状況を作ります。


・スレイヤー化して1:2交換する

《イモータル・ブレード》で全クリをスレイヤー化することで、

《ギャラクシー》以外であれば同士討ちさせることができます。

もとからスレイヤーであれば、相手のシステムクリやフィニッシャーと相討ち。


・無敵化して自分のクリーチャーとバトルさせ、除去する

《無敵城》によって、必ずバトルに勝つ自分のクリーチャーにぶつけます。

《バギャーン》あたりに有効ですよ、Kanjuさんw

今は《リーサ》という軽量かつ安価な無限ブロッカーがいますからね。


・自分のアンタップクリとバトルさせ、除去する

自分のターンの終りにアンタップするようなクリーチャーとバトルさせます。

そうすることで殴り返しが防げます。

《プロディジー》あたりが筆頭になるでしょうか。

バトルに勝ったらアンタップするクリーチャーもいいですし、

《紫電》《タイタンクラッシュ》あたりもカッコイイと思います。


今思いつくのはこのくらいですが、意外とトリッキーで面白いカードです。

5マナ単色で1:2交換が望めるならコストパフォーマンスは悪くない。

《テレポーテーション》だとcipが多い現在では使うのが躊躇われることも。

よかったら1枚刺して、試してみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

>ヨッシーさん

コメントありがとうございます。
DM vaultさんの回答にあったので間違いないようです。
http://dmvault.ath.cx/card/301011/faqs.html" target=_blank>http://dmvault.ath.cx/card/301011/faqs.html

私も最近まで2体をバトルさせるもんだと思ってました(^^;
ただ変更の可能性もあるようです。

あぶねえ

タップしているクリーチャーを選んでましたよ。
テキストには選べないとは書いてないですよね。
公式の裁定なのでしょうか?

ではでは~。

Unknown

>季風さん

コメントありがとうございます。
自分のクリを破壊する際は、2:○交換になるので最低でも2:2にしたいところですね。
《雷撃と火炎の城塞》っぽい動きですが、腕の見せ所が問われるカードです。
「相手のシールドを殴りたくないけど自分のクリをタップしたい」時にも有効ですね。

Unknown

《キサナX》
実にトリッキーな能力ですね。
自分が破壊されたときに発動する能力と合わせて使ってみたり
《ネログリフィス》辺りと組合せて使ってみるのも面白いかもです。

青のタップとして考えるとなかなか強いですしね
プロフィール

虎@我知無知

Author:虎@我知無知
虎です。
詳しくはカテゴリのProfileをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。